ブログパーツ

戦国乙女の設定看破(MB判別法)

 27, 2013 19:35
スロット戦国乙女はMBでもART抽選をしています。
このMBからのART当選で設定の上下はわかるようになります。
<MBの出目を確認>
左リール上段にベル
中と右リール中段にベル


設定1と比べて6は4倍当選しやすいです。
3000Gほど回して2、3回直撃ARTを確認出来た場合
高設定の可能性が高まります。

もちろん高設定を置いている店で実践している事が
大前提になりますが、設定1だと8000分の1程度しか
当選しないので参考にはなるかなと思います。

これが6だと2000分の1ほどまで高まります。

その他の設定判別は乙女ボーナス/希望の光ゾーン/ART初当たり
の3つの突入率をみることでぼんやり見えてきます。
それぞれ設定6の場合
1/323
1/500
1/194


設定1の時と比べると
1/434
1/579
1/398


乙女ボーナス/希望の光ゾーン/ART初当たりの合成確率から見てみると
1/97.5 設定6
1/152 設定1


そこそこ大きな設定差がありますね。
周りをよく観察していればお昼頃には気付けるかな?
さすがに無理か。

またARTの引き戻し率にも設定差があることがわかっていますので
そこは必ずチェックします。引き戻しについての記事はこちらからどうぞ。

具体的には乙女アタックの当選率をみます。
3までは5%
4/5で7.5%
6になると10%
が乙女アタックに当選します。

ただし!

復活の刻の突入率は設定差関係なく1/8なのでそこだけ注意です。

基本的に天井狙いかゾーンを狙うことになると思うので
設定を判別する機会自体少ないと思います。
しかし、天井狙い中にMBで当選することは稀にあるので
その時に違和感を感じれるようにしておきたいですね。

ここまでが戦国乙女の設定看破情報でした。
最後まで読んでくれてありがとうございました。

-スポンサードリンク-

-スポンサードリンク-

COMMENT 0

WHAT'S NEW?